ウォルコット:運も必要だ、他

スポンサーリンク

■先日のハル・C戦について語るウォルコット

マイクウォルコット

「ある意味、決勝ゴールはFAカップを優勝する為に必要な運だったのかも

れない。 カメラの映像はオフサイドであることを示していた。 でも(オフサイ

ドを取らなかったのは)レフェリーの判断だからね。 僕らはそのことに関して

どうすることも出来ないけれど、勝利に値していたと思う。」

「FAカップはファンの為だと思ってるんだ。 トーナメントを勝ち上がる限り、ど

ういうプレーだったかは重要じゃない。 僕らは良いプレー内容だった。 僕ら

は勝利して、素晴らしい選手やファン達と一緒にウェンブリーへ行くんだ。」

「ハル戦は難しい試合だったけど、選手全員が100%の力を発揮したと思う。

僕も試合に出ていたけけれど、試合の遅延行為がたくさんあったよ。 ビッグ・

チームと対戦する時は、試合をスローダウンさせることもある。 だから、その

こと自体に腹が立つことはないよ。」

(ソース:Arsenal.com

■FAはハル・Cのブラウン監督が主張している「ライリー主審は地元ファン達の

プレッシャーに負けて、遅延行為ということでイエローを出した」とする点について

調査に乗り出すようです。 また、セスク vs ホートンの騒動についても、情報を精

査したあとで何らかのコメントを出すようです。

(ソース:Tlegraph

■プレミアのLMA(リーグ・マネジャーズ・アソシエーション)は、セスクの行為に

ついてホートン助監督から連絡が来たと明かしました…

マイクLMAの声明

「LMAは火曜の夜に行なわれたFAカップ6回戦アーセナル対ハル・Cでの

出来事について、ホートンがコンタクトを取ってきた事を確認した。 この出来

はFAの管轄であり、規定された方法によって調査が行なわれるだろう。

LMAもホートンも今回はこれ以上のコメントはしない。」

(ソース:Sky Sports

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ

↑お役に立ちましたらクリックお願いします。


2008/2009シーズン
スポンサーリンク
みんなとシェアする
ジャガーをフォローする
Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)
タイトルとURLをコピーしました