Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

【アーセナル公式】スウェーデン代表MFシェルストレームをローンで獲得

アーセナルスパルタク・モスクワからスウェーデン代表MFキム・シェルストレーム(31)をローン移籍で獲得したと発表しました。 期間はシーズン終了までです。 シェルストレームはクラブレベルではスウェーデン、フランス、ロシアで400試合以上に出場し、スウェーデン代表でも108試合に出場している経験豊富なベテラン選手です。

2006年から2009年までプレーしたリヨンではレギュラーとして活躍し、リーグ優勝2回、フランス・カップ優勝2回、フランス・スーパーカップ優勝2回の獲得に貢献しています。 代表では2004年、2008年、そして2012年のEUROに出場し、2006年のW杯でもメンバー入りしています。

シェルストレーム


ベンゲル監督
シェルストレームはとても経験豊富な選手で、クラブレベルと代表レベルの双方で実力を証明してきたMFだ。 我々はシェルストレームアーセナル加入を歓迎する。」

キム・シェルストレーム
アーセナルは最高の選手たちを擁する偉大なクラブだし、そのクラブを長期に渡って指揮し素晴らしい結果を残している監督がいる。 できるだけ多くのことを学びたいと思っているし、このクラブへ加入できたことを嬉しく思うよ。 僕はアーセナルのために全力を尽くしてチームに貢献するためにここへやって来た。 僕たちはシーズン終盤には良い結果を残せていると思うよ。」

なお、シェルストレームスパルタク・モスクワでELプレーオフに出場していますが、アーセナルでCLに出場できるそうです。
(ソース:Arsenal.com

シェルストレームのファースト・インタビュー ※一部を抜粋
ローン移籍の経緯について…
「昨日、スパルタク・モスクワアブダビに居たんだけど、そしたら数ヶ月のローン移籍でアーセナルへ行く気があるか?という電話が掛ってきたんだ。 『行くに決まってる』と思ったから、すぐホテルに戻って荷物を持ち、全速力で空港へ向かったんだ! そして今日ロンドンへ着いた。 いまは出来るだけ早く生活を落ち着かせて、試合へ挑む準備を整えたいと思ってる。」

外から見たアーセナルの印象について…
「僕はアーセナルと対戦したことがないんだけど、イングランドのクラブとはたくさん対戦してきた。 みんなも同じように感じていると思うけど、アーセナルは非常に素晴らしいフットボールをする最高のクラブだと思う。 豊富なスキルを持つ選手がたくさんいてゴールを量産できるチームだ。 シーズン中盤に差し掛かるけど、彼らはここまで本当に良い状態できていると思う。 だから僕もシーズン終了までアーセナルに最大限貢献したいと思ってる。」

いま言ったように、首位争いをしていてタイトルを獲得できる可能性があるというのは、移籍先として魅力だった?
「そういう訳じゃないよ。 ただアーセナルはエキサイティングなクラブだと思っただけだよ。 上位に居ることでさらにエンジョイできると思うけどね!」

プレミアリーグにすぐ適応出来ると思うか…
「すぐプレミアリーグに適応できることを願っているよ。 フットボールフットボールだからね。 僕ら(選手?)にはスキルがあるしベストなプレーをしたいと思うものだ。 非常に優れたチームでプレーする場合は適応するのは簡単なことだよ。」

過去にはユングベリセバスティアン・ラーション、ラミ・シャーバンといったスウェーデン代表選手がアーセナルに所属していたが、彼らからチームのことは聞いていたか?
「もちろんだ。 アーセナルに居た選手たちからは良い話ばかり聞いていたよ。 彼ら全員が素晴らしい思い出を持っていた。 スウェーデンもそうだし世界中の人々が、アーセナルに対してポジティブな雰囲気を感じていると思うよ。」

アーセナルでのデビュー戦へ向けて…
「僕と同じ状況にある選手がやることは決まっている。 新しいチームメイトのことを知り、ピッチでベストを尽くすだけさ。」
(ソース:Arsenal.com

キム・シェルストレームのゴール集(表示されない方はこちらから)


アーセナルはフリムポンがバーンズリーへ完全移籍したと発表しました。 移籍金は非公表です。 フリムポンはこれまでトップチームで16試合に出場し、ユースレベルでは2009年のFAユースカップ制覇に大きく貢献しています。
(ソース:Arsenal.com

アーセナルパク・チュヨンワトフォードへローン移籍したと発表しました。 期間はシーズン終了までです。 パクは2011年8月にモナコからアーセナルへ加入し、これまで7試合に出場しています。 昨シーズンはセルタへローン移籍し、25試合4ゴールという結果を残しています。
(ソース:Arsenal.com

■Skyスポーツによると、リールはサロモン・カルーに対するアーセナルからのオファーを拒否したらしいです。 アーセナルの他にドイツのクラブからもオファーがあったそうですが、そちらも断ったとのこと。 短時間でカルーの後任を見つけることは不可能というのが拒否した理由だとか。
(ソース:Sky Sports

■一部ではアーセナルラツィオに所属するドイツ代表FWミロスラフ・クローゼ(35)のローン移籍を模索しているとも報じていました。
(ソース:Daily Star


ラムジーがさらに6週間の離脱となってしまったので、急遽MFの補強に動いたようですね。
結局ヴチニッチやドラクスラーの獲得はなしかー。





にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ















吉住はるな/甘い罠 [DVD]