Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

ビダルにクラブ史上最高額の移籍金を提示へ?【アーセナル移籍ゴシップ】

■ACミランのイタリア代表FWバロテッリ(23)の代理人を務めるライオラ氏が、イタリアのW杯敗退の戦犯として批判されているバロテッリに関して、ミランはガッリアーニ副会長が養護してくれたもののクラブの対応に失望しているとコメントすると共に、移籍をほのめかす発言もしたようです…
ライオラ氏
「マリオ(・バロテッリ)は悲しんでおり自暴自棄になっている。 FIGC(イタリア・サッカー協会)がダンマリを決め込んでいるなか、ガッリアーニだけが彼を養護した。」

「私もガッリアーニのコメントには感謝している。 ただ、バーバラ・ベルルスコーニ(※シルヴィオ・ベルルスコーニの娘でミランの取締役)に言いたい。 もし彼女がバロテッリを放出したいのであれば、まずはクラブの取締役会で話し合いを始めなくてはならない。 だが我々は解決策を見つけるよ。 私はこの手のことには慣れっこだからね。」

「マリオに重要なオファーが届いていたことを忘れてはいない。 彼の心はミランにあるが、彼女も同じなのかは私には分からない。」

バロテッリを批判するのはお門違いだ。 今回のことは、この国のフットボールが衰退している現状をよく表していると思う。 イタリアがW杯で優勝すると本気で思っている人がいただろうか? 私は別にイタリアの敗退に驚いてはいない。」

「欧州ではイタリアのクラブがタイトルを獲れなくなった。 なのに代表チームが奇跡を起こせるはずがないだろう? 私は人々をあれこれジャッジするようなことはしない。 プランデッリのこともよく知らないしね。 ただ、彼の戦術プランが失敗だったとは思う。 ピッチ上にストライカーが1人しか居ないのに勝てるわけがないだろう? コスタリカは3人のストライカーでプレーしていたのだ。」(ソース:Mirror

レアル・マドリーのスペイン人FWアルバロ・モラタ(21)をめぐる争奪戦が激しさを増しているようです。 レアルはモラタの放出を容認する姿勢を示していますが、2,000万ポンド(約34.5億円)での買戻し条項を盛込むことを求めています。 一時はユベントスがレアルの要望を受け入たといわれ、移籍先の最有力候補になっていました。

しかしここに来て、アーセナルやトテナムもユベントスに匹敵するオファーを準備していると報じられています。
(ソース:Daily Express

アーセナルユベントスのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(27)に対して、エジルの移籍金を上回るクラブ史上最高額の4,400万ポンド(約76億円)を提示するらしいと噂されています。 現在、TV解説者としてブラジル入りしているベンゲルも、ビダルに関して「世界最高のMFの1人」など激賞するコメントを連発しているとか。

ちなみに、マン・Uもビダル獲得に動いているといわれていますが、エレーラとルーク・ショーの獲得に5,900万ポンド(約102億円)を投入していることから、これ以上の莫大な支出には消極的だといわれています。
(ソース:Daily Star







にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ

どうしていつも俺なんだ?!: 悪童マリオ・バロテッリ伝説の真実
フランク・ウォラル
新潮社
売り上げランキング: 57,912








高山れい Shining eye [DVD]