シュチェスニーの父親がベンゲルを痛烈に批判

スポンサーリンク

シュチェスニーの父親で元ポーランド代表GKのマチュイ・シュチェスニー氏が、試合が多すぎてメンタルに影響が出ているとの理由で息子をスタメンから外しているベンゲルに対して、息子をスケープゴートにしたいだけだと猛烈に批判しています…
マチュイ氏
ベンゲルはさっそくスケープゴート探しを始めたようだ。 そんなの監督がやっていいことじゃない。 ヴォイチェフは昨年の4月・5月と大きな怪我を抱えながらもプレーしていた。 息子はプレーすることに反対だったが監督に押し切られたんだよ。」

「彼は小さな怪我でも大きな影響を受けるタイプだから、徐々に調子が落ちて行ったのだ。 ヴォイチェフが同意したのは愚かなことだよ。 私に言わせるとベンゲル監督のやっていることはめちゃくちゃだ。 私は監督のやり方に従った若者を責める気はない。 息子の調子が落ちているのはあの2ヶ月間のせいなんだ。」

「その後、8月に復帰するとすぐ試合に出て足首を怪我した。 7週間も離脱していたのにヴォイチェフはわずか1週間のトレーニングで試合に出されたんだ。 そのような状況で最高のパフォーマンスを発揮できる訳ないだろう?」
(ソース:Sky Sports

■W.B.A.のクラーク監督は、アーセナルチェルシーが期待の新人MFアイザイア・ブラウン(16)獲得に興味を示していると噂されている件について、売却するつもりはないと噂を一蹴しました…
クラーク監督
「イジーは売却しない。 そこは明確にしておく。 彼はファンタスティックな才能の持ち主だ。 ユースチームから上がってきてすぐU−21でプレーし、素晴らしいパフォーマンスを発揮している。」

(ソース:Sky Sports

アーセナルリバプールが獲得に動いていると噂されるスウォンジーウェールズ代表DFアシュリー・ウィリアムズ(28)の代理人によると、ウィリアムズにスウォンジーを離れる意思はないそうです…
モラリー代理人
「私に言えることは、依頼人にスウォンジーを離れる意思がないということだけだ。 アッシュはいつまでもスウォンジーの選手だ。 彼はここで幸せなんだよ。 彼の家族もそこに居るしね。 スウォンジーは彼に活躍の舞台を用意してくれているし、彼もますます良いプレーをするだろう。」

「彼が注目を集めるということは、彼を育てたスウォンジーの育成力を示すことにもなる。 だが、彼は会長に移籍したいと言っている訳じゃないし、ここに残りたがっているのだ。」
(ソース:The Sun

アスレティック・ビルバオに所属するベネズエラ代表DFフェルナンド・アモレビエタ(27)の兄弟が、アーセナルアンジ・マハチカラとコンタクトを取っていることを明かしたそうです…
アモレビエタの兄弟
「我々はアンジとコンタクトを取っている。 彼らはとても興味を示しているよ。 ただ、(フェルナンドに)イングランドでプレーしたいという希望がある場合、その移籍は実現しない。 我々はアーセナルとも接触しているからね。」

(ソース:Daily Express

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ

在庫処分で大特価! 話題の低反発座椅子

2012/2013シーズン
スポンサーリンク
みんなとシェアする
ジャガーをフォローする
Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

コメント

  1. aki より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    親馬鹿ですね。
    本人の承諾なしに出場させる訳がないし、GKがそんな程度で影響を受けてはダメでしょう。昨季と違い今季はいいGKなら防いでいるはずの失点が増えています。最近のシュチェスニーのミスは、代表クラスの選手がやってはいけないものが目立っています。
    ヴェンゲルは多少のミスがあろうと期待する選手は、ラムジーやソングのように批判に流されずに起用します。トップ4に向けて監督は最善の策を取っただけで、何よりヴェンゲルほど選手をスケープゴートにしない監督はおらず、出ていった選手もヴェンゲルをあまり批判しない。
    カシージャスも若い頃セサルにポジションを奪われましたが、自ら奪い返しました。シュチェスニーも謙虚さを持って臨めば十分奪い返せるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました