【アーセナル移籍ゴシップ】ラ・リーガで3名の動向を注視?

スポンサーリンク

 

メイトランド=ナイルズ:僕らは成長中のチームだ

シーズン再開後、シティとブライトンに連敗し厳しいスタートとなったアーセナルですが、その後はサウサンプトンとシェフィールドに連勝したことで、チームの雰囲気が一変しています。 

 

日曜日のシェフィールド戦ではチーム最多となる4度のタックルを記録するなど、攻守に渡って奔走したメイトランド=ナイルズは、チームは成長していると語ります。

 

メイトランド=ナイルズ

「僕らは多くの個性を発揮していた。

 

厳しい時期を過ごしているけれど、個性を取り戻して戦い続け、リーグ戦やカップ戦で出来る限りのことをしようとしている。今日の試合は、僕らはそれを実行できると言うことを人々に示す意味で、最高の結果だったと思う。

 

(ファンへのメッセージとしては)僕達のことをサポートし続けて欲しい。僕らは他と同じで成長中のチームなんだ。そして、ファンの皆んなを喜ばせるため、出来るだけ多くの試合に勝ちたいと思っている。

 

準決勝に勝ち進めて最高の気分だよ。あらゆるクラブがウェンブリーで試合をしたいと思っているからね。今日はアウェーでそれを達成できた。

 

ここんとこアウェー戦ではあまり良い結果が出ていなかったけど…ここで勝利をモノにできたのは良かったと思う。」 

(ソース:Arsenal.com) 

 

ラ・リーガで3名の動向を注視?

アーセナルは今夏の移籍市場で、アトレティコ・マドリーのガーナ代表MFトーマス・パーテイの獲得で合意に迫っていると噂されていますが、パーテイの他にラ・リーガでプレーする3名の動向を注視しているらしいです。

 

まず一人目はレバンテの北マケドニア代表MFエニス・バルディ(24)です。リーガで通算96試合に出場し、16ゴール10アシストを記録しています。

 

アーセナルは移籍金1,800万ポンド(約24億円)のオファーを準備しているらしいですが、フィオレンティーナやブンデスリーガのクラブと争奪戦になる可能性があるそうです。

 

二人目はエスパニョールのスペイン人MFマルク・ロカ(23)です。現在の移籍金は3,640万ポンド(約48億円)ですが、エスパニョールは現在リーグ最下位に沈んでおり、降格が決定した場合は移籍金が暴落すると見られています。

 

そして三人目はバレンシアのスペイン代表MFカルロス・ソレール(23)です。ただ、ソレールにはここ数ヶ月、リバプールも獲得に動いていると言う噂があります。

 

また、ソレールの契約には1億3,600万ポンド(約180億円)と言う超高額なバイアウトが設定されていますが、バレンシアは ” 帳簿のバランス ” を取る必要性に迫られていることから、バイアウトを行使しない取引が行える可能性があるらしいです。

(ソース:Daily Express

 

ヴォルフスブルクのオランダ代表FWに興味あり?

ドイツのビルト紙によると、アーセナルとニューカッスルがヴォルフスブルクのオランダ代表FWボウト・ベグホルスト(27)獲得に動いているらしいです。

 

ベグホルストは今シーズンのブンデスリーガで、32試合16ゴールを記録し得点ランキング4位で入る大活躍を見せています。ヴォルフスブルクは移籍金3,500万ユーロ(約42億円)以上のオファーがあれば、喜んで応じるとされています。

 

アーセナルはオーバメヤンやラカゼットの去就が不透明なため、代わりのストライカーを探しているとされています。

(ソース:Get Germany Football News

 

将来を嘱望される逸材FWが流出か?

デイリー・メール紙によると、サウサンプトンがアーセナル・アカデミーに所属するU-19イングランド代表FWフォラーリン・バロガン(18)の獲得に動いているらしいです。

 

バロガンは現在、イングランドで最も将来を嘱望されている若手FWの一人です。昨シーズンはアーセナルのユースで28試合28ゴールを記録し、今シーズンはU-23で15試合10ゴールと活躍しています。

 

アーセナルとの契約は来年夏までとなっていますが、契約延長をオファーするものの合意に到ることができず、今夏に売却される可能性が高くなっています。

 

今年1月にはブレントフォードが移籍金500万ポンド(約6.6億円)のオファーを出してきましたが、アーセナルはこれを拒否しています。 

 

ブレントフォードの他にはACミランも興味を持っていると噂されていますが、サウサンプトンも争奪戦に加わったようです。

(ソース:Daily Mail) 

 

理学療法部門の責任者がリバプールに復帰へ

2018年からアーセナルで理学療法部門の責任者を務めているクリス・モーガンが、かつて10年間過ごしたリバプールへ復帰すると報じられています。

 

リバプールは今もモーガンを高く評価しており、クラブのレジェンドであるジェラードもモーガンに何度かキャリアを助けられたと語っています。

 

アーセナルはモーガンの後任として、パリSGからブルーノ・マッツィオッティを引き抜くつもりらしいです。マッツィオッティはパリSGの他にレアル・マドリーやACミランで働いた経験があります。

 

また、アーセナルでテクニカル・ディレクターを務めるエドゥと親しいらしく、すでに合意間近だと伝えられています。

(ソース:Daily Express

  

【アーセナル移籍ゴシップ】ジョー・ハートを緊急補強へ?
  FAによるグエンドゥジへの処分はなし  土曜日に行われたブライトン戦の試合終了後、グエンドゥジがモペイの喉元に掴み掛かった様に見える場面について、FAは処分の対象とならないと判断しました。   問題のシーンは試合終了のホイッ...

  

Twitterもやってます→

スポンサーリンク

 

 

タイトルとURLをコピーしました