【アーセナル移籍ゴシップ】レノ、バロガン、パブロ・マリ、ボーウェンの噂

スポンサーリンク

フラムとレノの移籍で合意

事実上の公式発表と呼ばれる精度の高い情報発信でお馴染みのデビッド・オーンステイン氏によると、アーセナルとフラムがレノの移籍で合意に達したとのこと。

移籍金は800万ポンド(約13億円)で、現在は詳細をクラブ間で詰めている段階のようです。フラムとレノの契約条件については問題なし。

レノは来週にもフラムのメディカル・チェックを受けて、それを通過すれば移籍が完了する見込み。

 

ランスがバロガンをローン移籍で獲得へ

移籍市場の情報に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ランスとアーセナルがバロガンのシーズン・ローンで合意に近づいているそうです。

バロガンにはプレミアリーグのクラブからもローン移籍の打診があったようですが、ランスからのオファーを受け入れるつもりだとか。

現在は詳細を詰めている状況で、早ければ来週早々にもメディカル・チェックが行われる見込みとのこと。

 

マリはフェネルバフチェ行きを拒否?

ジャーナリストのルカ・ベンドーニ氏によると、フェネルバフチェがパブロ・マリの獲得に動いたものの選手側に拒否されたため実現しなかったそうです。

フェネルバフチェのジョルジェ・ジェズス監督はマリの獲得を熱望していたようですが、マリに拒否され破断となったことからルアン・ペレスを獲得することにしたのだとか。

なお、マリには他のクラブも関心を示しているらしいですが、アーセナルには1月までマリをキープしておく選択肢もあるようです。

 

ウェストハムのボーウェン獲得に失敗?

デイリー・エクスプレスの報道によると、アーセナルはウェストハム・Uのイングランド代表WGジャロッド・ボーウェン(25)獲得に興味を持っており、ウェストハムに移籍の可能性について問い合わせたようです。

しかし、ウェストハムはボーウェンの移籍金を7,000万ポンド(約114億円)と高額に設定し、売却に難色を示したとのこと。

昨シーズンのボーウェンはプレミアリーグで12ゴール12アシストと大活躍しており、ウェストハムとしては重要な戦力を簡単に手放すことは無いでしょう。

アーセナルはぺぺとネルソンに移籍の可能性があることからウィンガーの補強に動いていると噂されています。

(ソース:Daily Express

 

親善試合:アーセナル vs セビージャ戦の結果
親善試合(エミレーツ・カップ)の結果/アルテタ監督:プレス・カンファレンス/ウーデゴールをキャプテンに任命

 

 

FIFA 23【予約特典】DLC 週間最優秀チーム1の選手アイテム & KYLIAN MBAPPÉのレンタルアイテム & FUTアンバサダーレンタル選手ピック & キャリアモードのホームグロウンタレント 同梱 【Amazon.co.jp限定】オリジナル付箋 付 - PS4
エレクトロニック・アーツ
EA SPORTS FIFA 23は、男女のFIFA World Cupトーナメント、女子クラブチームの追加、クロスプレイ機能、大人気モードの新たな楽しみ方などを満載し、世界のゲームをピッチへとお届けします。

 

タイトルとURLをコピーしました