Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

【アーセナルNews】ベンゲルがプレミアからのオファーを断る

ベンゲルがプレミアからのオファーを断る 

 2018年5月にアーセナルの監督を退任したあとフリーの状態が続いているベンゲルですが、プレミアリーグのクラブで監督復帰を果たすのでは?との報道がありました。SKYスポーツによると、ベンゲルはプレミアリーグのクラブからオファーが届いたことを認めた上で、アーセナルに対する想い入れが強いためそのオファーを断ったと語ったそうです。

ベンゲル

「私はアーセナルの人間であり、そこを辞めた後もプロとしてやっている。その仕事は辞められない。」

 「アーセナルとの繋がりが強すぎるため、プレミアリーグからは退場することにした。イングランドで働くチャンスもあったが断ったよ。それがどのクラブかを明かすことはしたくない。なぜなら、相手にも責任者がいるし(こちらが一方的に明かすのは)彼らに対してアンフェアだからだ。」

 

ベンゲルはアーセナルを22年間率いて、その間に20シーズン連続でCLに出場し続けましたが、退任までのラスト2年間は5位と6位で終えていてCL出場を逃しています。ただ、ベンゲルは自分の持つ記録を守りたいと語ります。

「人々が常に多くのことを求めてくるのは当たり前だと思っている。我々は多くの勝利を収めたし、それもあってエミレーツ・スタジアムを建設できた。」 

「スタジアム建設をした当時の状況を今説明するのは難しいね。なぜなら、現在は(クラブの)売上高が5倍になっているからだ。」 

 「我々がスタジアム建設を決断した時点での総売上は9,000万ポンドで、スタジアム建設費は4億3,000万ポンドだった。だからもの凄いプレッシャーだったし、(財政的に)極めて健全な状態でその時代を切り抜けられたのはちょっとした奇跡だと思う。」

 

今後については、監督業から引退しFIFAで役職を得るという報道もあります。

「世界中のフットボールの発展に関わる責任者という仕事であり、もう間もなく結論が出ると思う。FIFAは試合に対する経験と知識が豊富で、様々なことを学んできた人物を探しているようだ。」

(ソース:Sky Sports) 

 

ベンゲルがポチェッティーノを擁護

ベンゲルがライバルのトテナムを率いるポチェッティーノ監督を擁護するコメントをしています。今シーズンのトテナムは低迷しており、メディアでは監督解任の噂も盛んに報じられるようになっています。ベンゲルはアーセナルを22年間も率いた経験から、同じクラブで長く指揮を執ることの難しさを語っています。

ベンゲル

「彼はとても良くやっていると思うし、それは誰もが認めることだろう。」

「私もアーセナルで経験がある。我々は20年連続でトップ4入りを果たしたが、結局のところそれでは不十分だったんだ。」

「だが今ではCLに出場することで人々はとても満足する。」

「ポチェッティーノにも同じことが起きているね。あるクラブに4〜5年いるとさらに多くのことを人々にもたらせると証明しなければならないのだ。彼はその段階に入った。」

「(アーセナル時代の自分と共通する部分があるか?と問われ)そうだね。彼らも少し不安定になっている。」

「2〜3年前に対戦したときの彼らは若くてハングリー精神に溢れるチームだった。素晴らしい強さと強力なコアを兼ね備えていた。クラブ内で育った選手と、エリクセンのように外部からやって来た重要な選手が上手く噛み合ってもいた。」

「だが、今ではあの頃と同じ化学反応を感じないね。それに、エリクセンなどはクラブに自身の将来をコミットするつもりが無いようなので、少し脇に追いやられているようだ。」

「現在の生活はマージンが小さくなってきている。そして、今はこの少ないマージンでは彼らの利益にならないんだよ。」

「彼らが復調できるか? プレミアリーグでのトテナムを見ると、昨シーズンは13敗もしているがCLでは大きな成功を収め、優勝まであと一歩に迫った。だがマージンは少ないと言えるね。」

「本物のクォリティというのは常にリーグの上位でシーズンを終えることだ。それが本当のトレンドなんだよ。」

(ソース:Daily Express

 

ウルブスのコートジボワール代表DFに興味あり?

アーセナルがウォルバーハンプトンのコートジボワール代表DFウィリー・ボリー(28)獲得に興味を示していると噂されています。ボリーはウルブスで評価を高めており、先日行われたマン・C戦ではエティハドでシティに完封勝利するという大金星に貢献しています。

アーセナルは今夏の移籍市場でダビド・ルイスを獲得していますが、相変わらず守備が不安定で失点が多く、全ての大会で計11失点しています。現在はルイスとソクラテスというベテランCBコンビがレギュラーですが、 長期的な解決策となるCBを探しているようです。チャンバースがレギュラーに昇格する可能性は十分ありますが、さらなる補強が必要だと感じているらしいです。

(ソース:The Sun) 

 

 

THE WENGER REVOLUTION: Twenty Years of Arsenal ヴェンゲル20周年 アーセナル写真集