【アーセナル移籍ゴシップ】コウチーニョ、グエンドゥジ、バスケスの噂

スポンサーリンク

 

最新のチームニュース

■サカ

右ハムストリングの怪我。大事をとって木曜日のオリンピアコス戦はスカッドから外された。今週の治療により回復し、トレーニングにも参加しておりプレー可能な状態になっている。

 

■ウィリアン

左ふくらはぎの怪我。ふくらはぎの張りを訴えたため、木曜日のオリンピアコス戦はスカッドから外れた。その後順調に回復しておりトレーニングにも参加している。日曜日の試合に先立って状態の評価を行う。

(ソース:Arsenal.com

 

バルセロナがコウチーニョを放出へ?

 

f:id:jaguar541:20210321074108j:plain

 

スペインでの報道によると、バルセロナは今夏の移籍市場でコウチーニョの放出に動くらしいです。アーセナルは昨夏にコウチーニョ獲得に動きましたが、新たに監督に就任したクーマンがコウチーニョの残留を望んだことから移籍は実現しませんでした。

 

今季のコウチーニョはシーズン序盤こそコンスタントに出場機会を得ていましたが、昨年12月に左膝の半月板を損傷する大怪我を負い手術を受けました。今シーズン中の復帰は絶望的とみられています。

 

コウチーニョは怪我で戦列を離れている状況ですが、バルセロナは今夏の放出を検討しているようです。その主な理由はリバプールから獲得した際の出来高条項にあると報じられています。

 

リバプールとの契約ではバルセロナで100試合に出場したら追加で2,000万ポンド(約30億円)を支払う条項があるとのこと。そして、コウチーニョの現在の試合数は90試合で条項の発動まであと10試合しかありません。

 

バルセロナはコロナ・パンデミックの影響をモロに受けており、クラブの負債がどんどん膨れ上がっており財政難が深刻です。そのためコウチーニョの出来高条項が発動する前に売却したいと考えているのだとか。

 

一方のアーセナルですが、1月にレアルからローン移籍で獲得したウーデゴールがチームにフィットしており好調なプレーを続けていることから、今夏にローンの延長か完全移籍で獲得すべくレアルと話し合いを行うとされています。

 

アーセナルとしてはウーデゴールの獲得を最優先にしていますが、レアルが放出を許可しなかった場合はプランBとしてコウチーニョの獲得に動くかもしれません。

(ソース:football.london

 

ヘルタ・ベルリンはグエンドゥジの買取OPを行使せず

シーズン・ローンでヘルタ・ベルリンに加入しているグエンドゥジに関して、ヘルタ・ベルリンが買取オプションを行使しないことに決定したと報じられています。

 

ドイツのビルト紙によると、ヘルタはグエンドゥジの芝居がかった振る舞いが目立ち始めていることや、アドバイスを素直に受け入れない頑固で気分屋の性格に失望を感じており、すでに興味を失っているそうです。

 

ヘルタのダールダイ・パール監督はグエンドゥジについて「フットボールにおける思春期みたいなもので一種の反抗期だ。ただ、彼はしっかりハードワークをして動物のように学習しなければならない」と語っていました。

 

また、アーセナル時代にグエンドゥジを発掘したミスリンタートは、アスレティック紙のインタビューで以下のような趣旨のコメントをしています。

 

彼には並外れたMFに必要な決断力とクォリティが備わったプレーをしていて、ボールにも果敢に挑みプレッシャーをかけられる選手だ。

 

現在はそういう選手が求められているので、アーセナルは彼のプレースタイルを変えようとするのではなく、細部を改善させるように取り組むべきだ。そうすれば彼はモンスター級のMFになるだろう。

(ソース:Daily Mail

 

レアルのバスケス獲得に興味あり?

アーセナルがレアル・マドリーのスペイン代表MFルーカス・バスケス(29)の獲得に興味を示しているらしいです。

 

レアルとバスケスはクラブの財政難から賃金を10%カットする新たな契約を結ぶべく交渉を重ねていましたが破談に終わっています。

 

その後も代替案について両者の交渉が行われているようですが、バスケス自身は代理人にプレミアリーグの移籍先を見つけて欲しいと伝えているのだとか。

 

かつてモウリーニョの指導を受けたことからトテナムを優先に考えているらしいですが、本人はロンドンに住みたいと考えているようなのでアーセナルにも代理人から連絡があった可能性があるそうです。

 

ただ、バスケスはCLに出場するクラブへの移籍を希望していますが、アーセナル・トテナム共に来季のCL出場権を獲得できるか微妙です。

(ソース:Mirror

  

 

20-21 UEFA EL 決勝トーナメント2回戦2ndレグ:アーセナル vs オリンピアコス戦の結果
  20-21 UEFA EL 決勝トーナメント2回戦2ndレグ アーセナル 0−1 オリンピアコス (2試合合計:3−2でアーセナルがベスト8進出)      《得点》 アーセナル: オリンピアコス:51'...
【アーセナル移籍ゴシップ】クンデ、コクチュの噂
  EL準々決勝の組み合わせが決定 EL準々決勝の組み合わせ抽選会が行われ、アーセナルはスラヴィア・プラハと対戦することに決まりました。1stレグは4月8日にホームで行われ、2ndレグは4月15日にアウェーで行われます。   な...

  

Twitterもやってます→

スポンサーリンク

 

 

タイトルとURLをコピーしました