【アーセナル移籍ゴシップ】ラムズデール、トレイラ、アブラハム、ウィロックの噂

スポンサーリンク

 

ラムズデール獲得で合意間近

f:id:jaguar541:20210812060100j:plain

football.londonのアーセナル担当記者クリス・ウィートリー氏によると、アーセナルはシェフィールド・Uのイングランド代表GKアーロン・ラムズデール(23)と移籍へ向けた事前交渉を行っているようです。

 

シェフィールドはラムズデールの移籍金として3,000万ポンド(約46億円)ほどを要求しているとされます。

 

アーセナルは2,400万ポンド(約37億円)+出来高払いで総額3,000万ポンドに達するオファーを提示した模様です。出来高払いは出場数などに応じて支払うパフォーマンス関連の出来高となっているとのこと。 

 

アーセナルはホームグロウンのGK獲得を目指しており、EURO2020終了後に二度のオファーを提示していましたが何も拒否されていますが、ようやく獲得の目処が立ったようです。

(ここまでのソース:football.london

 

なお、football.londonの別の記事によると、ラムズデール獲得を主導したのはアナリスト・チームだったそうです。

 

一部ではルナルソンを獲得した時のように、GKコーチのイニャキ・ケイナが推薦したことで獲得に動いたと報じられましたが、football.londonの取材によるとそうでは無かったようです。

 

アナリスト・チームはベン・ホワイトの獲得も主導したらしく、事前に様々な分析を行った上で、それでも多額の移籍金を支払う価値があると判断して獲得に動いた模様です。

 

最大で3,000万ポンドという移籍金は、現在マーケットに出ているサム・ジョンストンやフレディ・ウッドマンといった選手に比べると高額ですが、アナリスト・チームは移籍金に見合う補強だと判断し、クラブはその助言を元に獲得に動いたとのこと。

 

ちなみに、アーセナルは現在レスターのジェームズ・マディソン獲得にも動いているとされますが、アナリスト・チームが適切な補強だと判断すれば躊躇なく獲得に動くようです。

(ここまでのソース:football.london) 

 

ラツィオとトレイラのローン移籍で合意へ?

イタリアのガゼッタ・デッロ・スポルト紙によると、アーセナルとラツィオがトレイラのローン移籍へ向けた交渉を行っているそうです。ローン移籍には買取オプションが付帯するらしいです。

 

トレイラは2018年にサンプドリアからアーセナルに加入していますが、それ以前にはキャリアの殆どをイタリアで過ごしています。

 

昨シーズンはアトレティコ・マドリーへローン移籍していましたが、シメオネ監督の信頼を完全に勝ち取ることはできずアーセナルに復帰していました。

 

なお、トレイラはスペインのパスポートも持っているためEU外選手の扱いにはなりません。

(ソース:Football Italia

 

アブラハム獲得を諦めず?

チェルシーとASローマがイングランド代表FWタミー・アブラハム(23)の移籍でクラブ間合意に至ったと報じられていますが、同じくアブラハムの獲得を目指すアーセナルはまだ諦めていないようです。

 

アブラハムとローマはまだ条件面で合意に達していないとされています。ローマ側は年俸300万ポンド(約4億6千万円)をオファーしているらしいですが、アブラハム側は年俸400万ポンド(約6億1千万円)を要求しておりまだ開きがあります。

 

アーセナルはアブラハム側の要求を受け入れる用意があるようですが、チェルシーとは移籍金で合意に達していません。

 

アブラハムもプレミアリーグに残りたいと考えているらしくアーセナル行きを希望しているとされますが、チェルシーはロンドンのライバル・クラブより国外のクラブへ売却したいようです。

 

チェルシーはインテルとルカクの獲得で合意に達したことから、アブラハムは放出されることが濃厚だとされています。

(ソース:Mirror

 

ウィロックとニューカッスルの交渉が難航?

アーセナルとニューカッスルが移籍金で合意に達したと報じられるウィロックですが、移籍へ向けた動きが減速してるらしいです。

 

SKYスポーツのピーター・グレイブス氏によると、ニューカッスルとウィロックとの間で行われている契約交渉が難航しているのだとか。

 

ニューカッスルのブルース監督は週末に行われる開幕戦までにウィロックが加わることを望んでいたようですが、その希望は叶わないかもしれません。

(ソース:The Sun

 

カラバオ・カップ2回戦の組み合せが決定

カラバオ・カップ2回戦の組み合せ抽選会が行われ、アーセナルはアウェーでウェスト・ブロムと対戦することが決まりました。

 

アーセナルは昨シーズンを8位で終えたため新シーズンでは26年ぶりに欧州大会の出場権を失いました。そのため、カラバオ・カップ(EFLカップ) に2回戦から参加するのも26年ぶりとなります。

(ソース:football.london

 

  

【アーセナル移籍ゴシップ】トリッピアー、マディソン、ドゥクレほかの噂
  トリッピアー獲得に本腰を入れる?   アーセナルがアトレティコ・マドリーのイングランド代表SBキーラン・トリッピアー(30)を補強リストのトップに位置付けたとサン紙が報じています。   アーセナルはベジェリンの退団が決...
【アーセナル移籍ゴシップ】ラカゼット、ラウタロ・マルティネス、ラムズデールなどの噂
  オセイ=トゥトゥがローン移籍 アーセナルはDFジョルディ・オセイ=トゥトゥ(22)がノッティンガム・フォレストへシーズン・ローンで加入すると発表しました。   2019/20シーズンはブンデスリーガのVfLボーフムへローン移...

  

 

Twitterもやってます→

スポンサーリンク

 

 

タイトルとURLをコピーしました