Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

【アーセナル移籍ゴシップ】メイトランド=ナイルズ、ウィロックの移籍、ムスタフィと契約解除へ

 

最新のチームニュース

■オーバメヤン

フル・トレーニングに復帰。クラブは彼と彼の家族に寄り添っていく。

 

■セバージョス

左ふくらはぎの怪我。フル・トレーニングに復帰しており、火曜日の試合に先立ってプレー可能か評価する。

 

■パブロ・マリ

右ふくらはぎの怪我。フル・トレーニングに復帰しており、火曜日の試合に先立ってプレー可能か評価する。

 

■ライアン

右臀部の怪我。火曜日の試合は欠場する。数日中にフル・トレーニングへ復帰できることを願っている。

 

■サカ

右臀部の怪我。痛みが原因で土曜日の試合を欠場している。既にフル・トレーニングへ復帰しており、火曜日の試合に先立ってプレー可能か評価する。

 

■ティアニー

右下肢の違和感を訴えており引き続き状態の評価を行なっている。火曜日の試合は欠場。

(ソース:Arsenal.com) 

 

デッドライン・デイの動き

1月の移籍市場最終日を迎え、アーセナルが活発な動きを見せている様です。ここでは情報精度の高さで知られる移籍情報の専門家ファブリツィオ・ロマーノ氏と、アスレティック紙のデビット・オーンステイン氏のツイートを中心に現在の動きを見て行きたいと思います。

 

メイトランド=ナイルズはウェストブロムへローン移籍

 

 

オーンステイン氏によると、ウェストブロムがメイトランド=ナイルズをローン移籍で獲得すべく交渉を行なっています。

 

メイトランド=ナイルズには他にレスターとサウサンプトンもオファーを出したそうですが、レスターに関してはアーセナルがライバルには放出しないとして拒否し、サウサンプトンに関しては選手側が拒否した様です。

 

 

 ロマーノ氏もメイトランド=ナイルズのウェストブロム行きを報じており、契約間近でメディカル・チェックを待っている段階だとツイートしました。

 

 

そして直近のオーンステイン氏のツイートによると、 メイトランド=ナイルズがウェストブロムのメディカル・チェックを通過したそうです。

 

このあとアーセナルへ戻り今シーズン終了までのローン移籍にサインする予定だとか。ウェストブロムでのデビューは今週末のトテナム戦になりそうとのこと。

 

ネルソンのバレンシア行きは破談に

 

 

バレンシアがネルソンのローン移籍へ向けてアーセナルと交渉中でしたが破談となった模様です。

 

 他のクラブもネルソンに興味を示していましたが、このまま残留となりそうです。

 

ムスタフィと契約解除へ

 

 

ロマーノ氏によるとアーセナルとムスタフィが契約解除で合意に達したそうです。契約解除のあとシャルケと契約するとのこと。

 

ウィロックがニューカッスルへローン移籍

BBCがウィロックのニューカッスルへのローン移籍が合意に達したと報じています。 

(ソース:BBC) 

 

また、SKYスポーツによるとニューカッスルのブルース監督は、ウィロックをFWとして起用する考えを持っているそうです。

 

今シーズンのウィロックは全ての大会を通して16試合に出場していましたが、殆どで交代出場で最後にスタメン出場を果たしたのは昨年11月のウルブス戦です。

 

スミス=ロウの覚醒とウーデゴールの加入により、これまで以上に出場機会が制限される形になっています。

(ソース:Sky Sports

 

ベルカンプの息子がワトフォードへ

アーセナルのレジェンドであるデニス・ベルカンプの息子ミッチェル・ベルカンプ(22)が、ワトフォードと今シーズン終了までの短期契約を結んだそうです。活躍次第で契約を延長するオプションが付いているとのこと。

 

ミッチェルは昨年11月にアーセナルのU-23で1週間のトライアルに参加していましたが、アーセナルのレベルに達していないと判断され契約には至りませんでした。

 

ミッチェルはオランダのアルメレ・シティに9年間在籍していましたがFAとなり無所属となっていました。

(ソース:Daily Mail) 

 

今回の移籍市場もデッドライン・デイに怒涛の展開を見せています。

 

www.afcwatch.com

  

www.afcwatch.com

 

 

Twitterもやってます→

スポンサーリンク